• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1018
  • 公開日時 : 2016/04/04 18:00
  • 更新日時 : 2018/08/15 17:12
  • 印刷

Apple メールで受信したメールの本文が一部文字化けします

Apple メールで受信したメールの本文が一部文字化けしています。

どうすれば読めるようになりますか?

カテゴリー : 

回答

Apple メールで送信されてきたメールを開いたとき、本文中の記号類などが文字化けしていることがあります。

OS X Mountain Lion v10.8 に搭載されていた メール v6.x までは「メッセージ」メニューで、メールのテキストエンコーディングを手動で指定し直すことで、メールの本文を適切に表示させることができる場合がありましたが、OS X Mavericks v10.9 に搭載された メール v7.x 以降はテキストエンコーディングを手動で指定することができなくなりました。

このようなときは、以下のいずれかの方法を取るとメール本文を正しく読める場合があります。


A.web メールサービスを利用する

もし web メールサービスを利用できるメールアカウントを使用しているならば、そのメールアカウントに当該メールを転送します。
その後 web メールサービスにアクセスして、web ブラウザを介して当該メールの本文を開きます。

 

B.テキストエディットを使用する

1.Apple メールを開き、当該メールを選択して、別名で保存します。
このとき「フォーマット:」は「メッセージソース」を選択します。
拡張子が「.eml」の書類が指定したフォルダに保存されます。

mail_save_as_message_source.png

2.テキストエディットを起動します。


3.テキストエディットの「環境設定」の「開く/保存」タブを開きます。
「標準テキストファイルのエンコーディング」の「ファイルを開くとき:」ドロップダウンメニューから「テキストエンコーディングリストをカスタマイズ...」を実行します。
「テキストエンコーディングリストをカスタマイズ」ウインドウが表示されます。


4.「テキストエンコーディングリストをカスタマイズ」ウインドウで「日本語(ISO 2022-JP)」をオンにして閉じます。

mail_encoding_custum.png

5.テキストエディットの「環境設定」の「開く/保存」タブで、「標準テキストファイルのエンコーディング」の「ファイルを開くとき:」ドロップダウンメニューで、「4.」で追加した「日本語(ISO 2022-JP)」を選択します。

mail_open_encoding.png

6.テキストエディットの「環境設定」を閉じて、「1.」で別名保存した拡張子が「.eml」の書類を開きます。


7.拡張子が「.eml」の書類の内容を確認したら、テキストエディットの「環境設定」の「開く/保存」タブで、「標準テキストファイルのエンコーディング」の「ファイルを開くとき:」ドロップダウンメニューを「自動」に戻します。

 


「サポートFAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社Tooが運営しています。
弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

検索キーワード : 
Mac,エンコーディング,メール.app,文字コード,文字化け,読めない,開けない

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

トップカテゴリー