• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1013
  • 公開日時 : 2016/03/29 15:33
  • 更新日時 : 2017/06/27 19:16
  • 印刷

ファイルサーバに接続するとき、AFP 接続と SMB 接続とでどのような差がありますか?

ファイルサーバに接続するとき、AFP 接続と SMB 接続とでどのような差がありますか?
カテゴリー : 

回答

macOS はバージョンアップに伴い、AFP のサポートが縮小されていき、OS X Mavericks v10.9 からはファイルサーバに対する接続の際、デフォルトでは SMB で接続されるようになりました。

しかし macOS のファイルシステムである HFS+ には、macOS のファイル管理における独自の仕様を備えており、AFP にもそれを実現するための機能を備えています。従って一般論でいけば、Mac と親和性が高いのは AFP による接続と言えます。

ファイルサーバに接続する際、AFP には SMB と比較して、以下に代表される優位性があります。

  • フォルダや書類を開くときのパフォーマンスや安定性
  • 書類の命名則の問題
  • アクセス権にまつわる問題
  • OS X El Capitan 以前の macOS で起動する Mac では、ネットワーク上にあるバックアップディスクに対して、SMB 接続で Time Machine によるバックアップを行えない

弊社では AFP 接続を実現した NAS として StorageAxes をご提案しています。



参考「Mac & Winodws(弊社特集ページ)」

参考「Mac のファイル共有で接続する方法(Appleサポート)」

検索キーワード : 
AFP接続,HFS+,Mac,NAS,SMB接続,StorageAxes,ファイルサーバ

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます